鶏などの飼育をする際に天敵として語られるイタチ。しかしそれは、ペットの場合でも同じです。

放し飼いにしていた動物がイタチに仕留められた、というような話は決して珍しいものではありません。そんな悲しい体験は決してしたいものではありません。

どのようにすれば防ぐことが出来るのでしょうか?

イタチに狙われる動物とは?

イタチは肉食で、生きた動物を好んで食べます。ただし、イタチは小柄な動物であるため、大型の動物を襲うことはほとんどありません。

イタチ 猫 襲う 天敵

イタチの体長は雄でも平均30cmほどです。イタチの獲物にされやすいかどうかはこのサイズを基準にして考えることが出来るでしょう。

つまり、家で飼うような猫や小型犬などはその対象となってしまうことがあるということです。

イタチは狂暴な動物なので、室内ではなく室外で放し飼いにしているような場合には、注意がより一層必要になるでしょう。

どんな対策をすればいいの?

イタチへの対処は、室内で飼うだけでは不十分な場合があります。室内にもイタチが忍び込むことがよくあり、屋根裏などに住み着いている場合もあるからです。もちろん、室外で飼っているときよりも安心はできますが、十分な対策をとる必要はあります。

イタチは狭い隙間からでも家の中に入ることがあります。なるべく床下などの隙間も埋めて、侵入しにくくするのは大事ですが、外から見ても分からないような隙間からでも入り込むことが出来る動物です。

それを対処するためには、イタチの習性を利用して対処することが必要になります。

スポンサードリンク

イタチは夜行性なので、入り口になりうるような場所に照明を設置するという手が考えられます。そうすることで、イタチはその光を嫌がって入ってこなくなります。

ただし、毒餌などで対処するのは、実は日本の鳥獣保護法という法律で制限されているので、禁止されています。

まとめ

イタチへの対処はもちろん大切ですが、その対処をするうえでイタチのことを知ることも必要です。

様々な対処の方法はありますが、その中でもペットを守るのに最善の策をとるようにすることが大切になります

スポンサードリンク

スポンサードリンク