イタチはよく害獣とみられる動物です。その理由としては、家に住み着くなどの理由があるのですが、イタチは肉食なので、鳥を飼うとき(鶏などの飼育などの時には特に)には注意が必要になる動物です。

家の中の小さな鳥かごの中で飼う分にはそれほど過剰な対策をとる必要はないと考えられますが、屋外の施設で飼育する場合には特に必要になります。

どのような対策をとればよいのでしょうか?

イタチ 鳥 食べる

イタチが食べるものとは?

イタチは肉食なのですが、特に生きている動物を狩って食べることの多い動物です。昆虫やネズミ、鳥類、そして魚類を食べることもある動物です。

そして、イタチが特に外需とされる理由は、狩りの対象が目の前にいる場合には、食べるのに必要な数以上に無意味に狩りをすることのある動物です。

時に、「イタチはニワトリの血を吸う」などという話がされるときがありますが、それはイタチに吸血習性があるから、というわけではありません。

イタチは狩りをする場合首筋や喉にかみついて、血管を切断する、という方法で対象を仕留めます。そこから血が流れてしまい、体に血が残らない状態にされてしまうためにそのような逸話が広まってしまったというようなことが考えられます。

屋外で鳥を飼育するときには

イタチは小柄で、動きが素早いので、鳩や鶏程度の鳥であれば容易に狩ることができます。たとえ囲いをつけていたとしても、地面から穴を掘ってその中に忍び込む、というようなことをする場合もあります。

なので、地面にそのまま放すのではなく、何かを敷き詰めてそのうえで飼育する、というような工夫が必要になります。

スポンサードリンク

また、イタチが夜行性であるということを利用して、囲いの周囲にライトをつけるなどをして明るくすることで、イタチが嫌う環境を作るということも、イタチ対策には効果的であるといわれます。

まとめ

大切に飼っている動物が、朝見に行ったら仕留められていた、というのはどうしても避けたいことだと思います。

まず、どのような対策をとるべきなのかを見極め、適切な処置をとるようにすることが必要になるのでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク