小柄ですばしっこいイタチは、私たちの目を盗んで飼育されている鶏や猫などの動物を食べることがあるということは知られています。

それだけを切り取れば、害獣として認知されることにもなりますが、実はイタチが食べるものはそれだけではなく、同じく外注として有名なゴキブリも食べているのではないか、ということは気になりませんか?

実際にイタチがゴキブリを食べることがあるのか、また、蛇などのできれば出会いたくないような動物とも接点があるのでしょうか?

イタチはゴキブリを食べるの?

イタチは基本的に肉食なので、昆虫を食べることもあります。もちろん、ゴキブリも例外ではありません。

イタチ 蛇 ゴキブリ 食べる

その観点からみると、もし家の屋根裏などにイタチが住み着いている場合は、ゴキブリも食事として食べてくれることもあるので、もしかすると少しは益獣だといえるのかもしれません。

しかし、その反面でイタチが家に住み着くことで起こる弊害も多くあります。糞尿をされてしまうと、臭いがかなりきつく、その対処に追われることになります。

ペットなどがいる場合には、そのペットが狙われてしまうかもしれないという恐怖を抱え続けることになります。やはり、イタチを益獣だということは難しそうです。

イタチは蛇も食べるの?

基本的にイタチは自分の体と同等なものを狩りの対象としていますので、蛇もその中には含まれます。

人家の周辺で蛇がみられるということは少ないかもしれませんので、イタチもあまり蛇を捕食する機会はないかも知れませんが、時々その二者が戦っている光景が目撃されることがあります。

スポンサードリンク

蛇というと毒のイメージがあるからか、怖がられることの多い動物ですが、実は蛇は農作物を食い荒らすネズミや小鳥などの害獣を捕食するため、人間にとっては益獣ともいえる存在です。

蛇神、という言葉を聞いたことがある方も少なくはないでしょう。

なので、そんな蛇を食べられると、より農作物が危険にさらされることになるので、やはりそこでもイタチには困らされることになります。

まとめ

結局イタチが食べるものは、私たちに害をもたらすことが多いということが分かりました。

なるべくイタチを自分の家、敷地から遠ざけておく工夫をする必要はあるでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク