ネズミとイタチとハクビシンの違いとは何なのでしょうか?調べていきたいと思います。

ネズミとイタチ、ハクビシンの違い

害獣とされている、ネズミとイタチ、ハクビシンの違いとは何なのでしょうか?

それぞれどんな被害をもたらすのでしょうか?

ネズミの種類

ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの三種類が日本の家屋で見られる種類です。

イタチ ネズミ ハクビシン 違い

ドブネズミ

体長は22~26cm、体重は200~400gで耳が小さく、灰色の腹部、しっぽが短く、どう猛で、何でも食べる雑食性です。

泳ぎが得意で綱渡りは苦手です。

クマネズミ

体長は17~26cm、体重は100~200gで耳が大きく、スリムなボディをしています。しっぽが長いネズミです。

警戒心が強く、雑穀を中心に何でも食べます。壁伝いで移動し配管を登ります。

ハツカネズミ

体長は6~9cmで体重は15~20g。雑穀を中心に何でも食べる雑食です。泳ぎが苦手で綱渡りが上手です。

ネズミの害

衛生的被害、都市機能被害、経済的被害があげられます。

スポンサードリンク

ハクビシン

体長50~70cm、尾長40~50cm、体重2~4㎏。夜行性で、昼間は巣穴で過ごします。

ハクビシンの害

民家の床下に住み着いて繁殖することがあります。ハクビシンは植物中心の雑食性動物です。果樹園や畑の農作物を食害する、農作被害を及ぼします。

悪臭、ダニ、ノミ、菌の媒介をすることから害虫扱いされています。

イタチ

日本イタチは体長20~35cm、体重120~650gで肉食系の雑食性動物です。

ハクビシン同様に民家に住み着いて繁殖することもあり、食害、騒音、糞や等により菌の媒介などの理由で害虫扱いされています。

まとめ

ネズミ、ハクビシンもイタチも民家に住み着いて繁殖し、人間の生活に害をもたらす動物です。入り込ませない、寄せ付けない工夫が必要でしょう。手に負えない場合は業者に頼んで、プロに任せてみるのも一つの手です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク