イタチの平均寿命とはどの位なのでしょうか?調べていきたいと思います。

日本イタチ

国内では本州、四国、九州、その他いくつかの島に生息していましたが、1830年代ネズミ駆除のため、八丈島、石垣島などに導入されて、今日では日本全域に生息しています。

形態

雄が27~から37cm、体重が300~700g雌が16~25cm、体重が140~300g体色は夏季では褐色がかった黄土色で、冬季は山吹色になります。

足は短く尾は太く、指の間には小さな水かき状の膜があり、肛門の左右に一対の肛門腺があります。身の危険を感じるとかなり臭い黄色の液を分泌します。

イタチ 寿命 平均

生息場所

平野部の草地や、川沿いなどの水辺に生息します。低地の田畑や人家の周辺、差額地帯にも生息します。行動圏は雄が5ha雌が2haと言われています。

生活行動

一夫多妻で雄は繁殖期には数頭の雌と繁殖行動をしますが、日繁殖期には、育児には関与せず、殆ど単独で生活します。

そのため雌は単独で仔を育て仔は生後70~80日で成獣と同じ体重になります。

食性

主として、ネズミ類を捕食しますが、小鳥の卵や雛、昆虫類なども捕食します。また、ザリガニなどの甲殻類や魚類を捕獲することもあります。

寿命

イタチの仔は雄雌とも一年で大人になります。イタチの寿命は飼育下では1.4歳、野生では1.9歳と短命です。

繁殖

繁殖期は年に1回、1~710頭出産しますが、九州では年に2回出産すると言われています。

スポンサードリンク

類似種

チョウセンイタチは日本イタチよりも体が大きく毛が荒く、口先の白い部分が目立ちます。チョウセンイタチは飼育下で8.8歳の記録があります。

ホンドテン

テンにはホンドテンとツシマテンの2亜種がいます。主にテンはホンドテンのことですが、寿命は10年です。

まとめ

主としてネズミ類を捕食しますので、野ネズミ駆除として、農林業上有益とされています。最近では毛皮としての価値の減少から狩猟数も減少しています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク