イタチのメスだけなぜ捕獲禁止なのでしょうか?調べていきたいと思います。

鳥獣保護法

「鳥獣の保護及び狩猟の適正化を図り、生物の多様性の確保、生活環境の保全、農林水産業の健全な発展に寄与する事を通じて自然環境の恵沢を享受できる国民生活の確保及び地域社会の健全な発展に資すること」として法律があります。

イタチのメス、捕獲禁止の理由

イタチのメスは法律によって保護されています。生態系が破壊されないために法律で秩序が保たれています。

イタチのオスでも狩猟期間外や市区町村への許可なく行う駆除や捕獲は禁止されています。

イタチ メス 捕獲 禁止 理由

イタチの繁殖

繁殖期は年に1回、春頃です。温かい地方では年に2回繁殖することも確認されています。一度に出産する数は4~5頭です。10週目頃から自分で餌を自分で捕獲するようになります。

日本イタチのオス、メス

日本イタチのオスの体長は30~37cmです。メスは20~27センチ。

尾の長さは雄で、12~16cm。メスは8~9cm。

体重はオスで29g~650g。メスで110~180gです。体色はどちらも茶褐色~暗褐色です。

スポンサードリンク

害獣

イタチは可愛らしい印象ですが、非常に凶暴で不衛生な動物です。人間やペットの食料を荒らすだけではなく、イタチの排泄物によって悪臭や、シミの原因になります。

そのため、感染症や食中毒の原因となったり、喘息やアレルギー症状が出たりと健康被害が発生します。家畜やペットなども襲われます。

それでも、むやみに捕獲をすることは出来ません。被害で困った時は市区町村に相談しましょう。

まとめ

可愛らしい印象のイタチですが、野生のイタチはとても凶暴で、雑食性のため、畑を荒したり、ペットや家畜を襲う害獣です。それでも、自然の生態系を守るために鳥獣保護法で守られています。

イタチのオスは場合によって捕獲が出来ますが、メスは捕獲することが出来ません。お困りの時は市区町村に相談することをお勧めします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク