日本イタチや、テンは雑食性で、農作物の食害や、騒音悪臭による災害に悩まされています。

その対策として、どんなことがあるのでしょうか?調べていきたいと思います。

イタチ対策

イタチは、ネコ目イタチ科イタチ属。日本では日本イタチと外来種の朝鮮イタチがいます。

特徴

床下や天井裏に住み着き、繁殖します。垂直な壁を上ることもでき、3センチの隙間を通り抜けることも出来ます。

食性は雑食性で、鶏やネズミなどの動物食の他、柿などの果物から穀物まで食べます。非常に凶暴な動物です。

イタチ テン 対策

イタチの害

天井裏を走り回り騒音を出し、糞や尿による悪臭が酷く、部屋の食品を荒らしまわります。生ごみを漁って散らかし、ペットにも襲い掛かります。

被害を防ぐ

イタチの嗅覚を利用し、臭いのするものを設置して追い出します。害獣用、害虫用忌避剤や木酸液の臭いを嫌がります。

目の細かい金属製のネットや網を侵入口に設置して、イタチが入ってこないように塞ぎます。イタチの餌となるネズミや鳥の巣を取り除くことも寄せ付けなくする方法です。

駆除方法

敷地所有者の許可があり、狩猟期間であれば狩猟免許が無くても罠を設置することが出来ます。

強い光

夜間や天井裏に、強い光を当てるとイタチは驚いて逃げ出します。CDやホログラムをぶら下げると、光が乱反射し、威嚇効果があります。

スポンサードリンク

忌避剤

入って欲しくない場所と取り囲むように設置してください。なるべく固形タイプの物を使用すると良いでしょう。

テンとは

テンはイタチと同じように雑食性の動物です。

イタチよりも少し大きくて、ホンドテンは冬毛が鮮やかな黄褐色です。顔周辺の体毛が白くなるキテンと呼ばれる個体と、体毛が黒褐色のスステンと呼ばれる個体がおります。

キテンの毛皮は高級品として乱獲や生息地の環境破壊、交通事故、他の肉食動物による捕食により、一部の種は絶滅危惧種に指定されています。

まとめ

イタチもテンもイタチ科で、雑食性です。

どちらもペットとして飼うことは可能ですが、凶暴な性格で、野生のイタチやテンはペットとして飼うのはお勧め出来ません。

騒音や、食害、糞などの悪臭が被害で悩まされている地域もあるようです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク