害獣ですが、鳥獣保護法で守られているイタチ、特にメスは保護が禁止になっています。

一体オスとメスの違いとは何なのでしょうか?調べていきたいと思います。

イタチのオスメスの違い

イタチはオスとメスでは体の大きさで違いがあります。オスはメスの1.5倍から2倍大きくなります。

イタチはオスもメスも非猟獣のため捕獲は禁止されています。

色はオスもメスも同色で全体的に山吹色のような鮮やかな黄色で顔は茶色です。

オスメスの見分け方

イタチはチョウセンイタチ、二ホンイタチ共に雄雌の大きさが違います。

オスのイタチはメスより二回り以上も体が大きく行動的です。

イタチ オス メス 違い 見分け方

イタチ

ネコ目イタチ科イタチ属の哺乳類。

イタチの体

日本イタチは全身黄褐色か赤褐色をしています。細い胴体と太い尻尾が特徴です。

鼻先がとがっていて、丸くて小さな耳があり、可愛い顔をしています。

生態

平地から山地まで広範囲に生息しています。本州、四国、九州、四国、九州、伊豆半島の山地帯の川沿いを中心に土に穴を掘って、そこに巣を作って暮らしています。

夜行性で夜、活発に動き回りますが、日中も普通に活動します。

餌はカエルやネズミ、鳥類、昆虫、ザリガニや小魚も好んで食べる雑食性の動物です。

民家の屋根裏部屋に住み着いて繁殖する場合もあります。糞尿被害などの汚れ、生ごみを荒らす、畜舎や養魚地、農作物の被害も多発しています。

スポンサードリンク

生活行動

イタチは一夫多妻です。非繁殖期にはオスは一切育児には関与せず、ほとんど単独で生活します。メスは単独で子育てをします。

繁殖

一般では一年に1回、3~5月に繁殖、ほぼ一か月後に1~10頭出産しますが、九州では一年に二回繁殖する例もあるようです。

まとめ

イタチのオス、メスは大きさが、約二倍ほどの違いがありますが、あまり慣れない人にはなかなか見分けがつかない事でしょう。メスは捕獲禁止です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク