野生のイタチは、害獣としても言われており、屋根裏に潜むと住んでいる人の体調に異変が生じることもあると言われています。

野生のイタチは、たくさんの菌を持っていると言われており、感染すると病気になる恐れが高いと言われています。

今回は、イタチと病気についての関係をまとめてみました。

様々な病気を媒介するイタチの被害とは

屋根裏から物音が聞こえる時はありませんか?

咳が出たり、体がかゆくなったりなどの体調不良があった場合には、屋根裏に原因が潜んでいる可能性があります。

イタチ 野生 病気

イタチは、衛生害獣でもあると言われており、野生のイタチには野宮谷に寄生されており、それらによって喘息などの呼吸器障害を引き起こしたり、アレルギーになる可能性も考えられると言われています。

イタチによる人獣共通感染症

イタチは人獣共通感染症に関する病気を媒介することがあると言われており、人間も動物も感染する病気の疑いがあります。

イタチで注意しなければいけない病気には、狂犬病があります。野生のイタチは、ワクチン接種は施されていないので、感染しているかもしれません。

イタチの捕獲は禁止されている

イタチの駆除をする前に知っておかなければいけないのが、イタチの捕獲は鳥獣保護法で禁止されています。違反した場合には、懲役1年以下、または罰金100万円以下の罰金が科せられるので気を付けましょう。

スポンサードリンク

ではどうやってイタチを駆除するのでしょうか?

イタチの捕獲はできませんが、木酢液や動物用忌避剤をまくことによってイタチを追い出したり、侵入させないようにすることが出来ます。このにおいは、イタチがすごく嫌がる臭いだと言われているので、一目散に逃げていきます。

しかし、薬剤などのにおいが薄れたころに戻ってくるので、侵入経路をしっかりと封鎖するようにすることも行わなければいけません。

まとめ

イタチの侵入は、人間に病気の感染をももたらすので、イタチを家の中に侵入させないように気をつけたいですよね。

最近では、イタチ駆除の専門業者もあるので、自分で行う事に不安に感じている人は、業者の人に頼るのも確実でおすすめですよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク