イタチに悩まされている人は一刻も早くイタチを捕獲したいでしょう。

イタチは感性症の媒介したり、農作物やゴミを荒らしたり、人に襲いかかったりなどの被害を与える衛生害獣です。

けれど、イタチは衛生害獣であると同時に鳥獣保護法で守られている動物でもあるのです。そのため、イタチを捕獲するためには捕獲に関する資格を取得しなくてはなりません。

イタチの捕獲許可についてご紹介しましょう。

イタチが守られている法律・鳥獣保護法

イタチは勝手に捕獲することができない動物です。感性症や危害を加えるための衛生害獣であっても勝手に捕獲することができないのです。それは、イタチが鳥獣保護法という法律で守られているからなのです。

鳥獣保護法とは、野鳥や哺乳類の保護と、狩猟の適正化について定められた法律です。

捕獲や狩猟の制限、飼育や販売規制、鳥獣の保護区の設定や管理などについても定められています。そのため、捕獲するには捕獲許可が必要になります。

イタチ 罠 免許

イタチを捕獲するための許可

鳥獣保護法で守られているイタチを捕獲するためには、許可捕獲や狩猟捕獲などの許可が必要になります。

県や市町村などで申請します。

許可捕獲

猟銃以外の捕獲器具での捕獲、認められた区間での捕獲、期間内の捕獲、土地所有者が認めた土地での捕獲は認められます。

狩猟捕獲

狩猟免許を持つ者が認められた期間や区間での狩猟が許可されます。

罠による捕獲の資格

罠による捕獲では、狩猟捕獲という許可が必要です。

スポンサードリンク

狩猟捕獲について

イタチをはじめとする20種類の獣類が該当します。

・狩猟捕獲では、捕獲する動物に苦痛を与えてはいけない

・罠の種類は箱罠、くくり罠、はこおとし、囲い罠などの罠での捕獲のみ認める

・決められた区間での捕獲、決められた期間での捕獲などが、狩猟動物の捕獲制限

・狩猟免許が必要

などの規定があります。これらのことを守らなくては捕獲することができません。

まとめ

イタチを罠で捕獲するためには資格が必要です。

衛生害獣であると同時にイタチは鳥獣保護法で守られた動物でもあるため、狩猟捕獲という捕獲許可が必要になります。

狩猟許可で認められているのは箱罠、くくり罠、はこおとし、囲い罠です。これらの罠で捕獲することを自治体に届け出をしてからの捕獲作業になるのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク