人の住む場所に降りてきて色んな被害をあたえているイタチ。イタチの被害は広がる一方で、中での農家などの畑の被害は深刻な問題にもなっているのです。

せっかく育て出荷間近の商品がイタチの被害に遭い出荷出来ないことなど、農家にとってはかなりの損失にもなるのです。

イタチが荒らす農作物

イタチは肉食でもありますが野菜や果物も好物であるため、畑の野菜や果物を荒らすことも多いのです。

イタチ 畑 被害

他の衛生害獣よりも高いところに登れるため、木になる桃や琵琶ミカンなどの果物の被害も多いです。また、トマトやキュウリ、サツマイモなども土を掘り返して食べつくすこともあります。

そのため、イタチによる農作物の被害は数千万にものぼり多額の負債を抱える農家もいるほどです。

何度も繰り返す農作物の被害

農作物を荒らすイタチを駆除しても繰り返し畑を荒らすことがあります。

1匹のイタチを駆除してもまた再び、畑を襲撃してくるのです。それは、畑にはどのような農作物ができるのということをイタチはちゃんと覚えているのです。

一度ロックオンすればしつこく襲ってくる習性があるイタチ。美味しい野菜や果物があることがわかっていると何度も畑を襲ってくるのです。

スポンサードリンク

イタチによる畑の被害対策

イタチによる畑の被害を防ぐためにはイタチ対策をしなくてはいけません。

イタチが畑に侵入しないためには、捕獲器をつかって捕獲する方法や、寄り付かなくする方法が効果的です。そのなかでも、畑に侵入試合ためにはCDなど光物をぶら下げ太陽に反射させる方法や、反射シートなどをぶら下げてイタチを威嚇する方法などがとられます。

また、農家の組合などで話し合い、大がかりなイタチ対策を施行されるところもあります。、イタチの侵入を防ぐ金網や電気柵、ワイヤーメッシュ柵、金属柵などの設置をするなどをし、イタチ問題に取り組んでいます。

まとめ

イタチが畑に侵入し畑の野菜や果物に危害を加えることで農家などはかなりの損失を与えら大きな問題になっています。

小規模な対策では、CDや反射シートを設置し光でイタチを威嚇したり、超音波や忌避剤でイタチの侵入を防ぐとともに、大掛かりな対策では自治体などで柵や、ワイヤーメッシュ柵、金属柵などを設置しイタチの侵入防止対策をしています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク