天井裏や床下に侵入して住処を作ってしまったイタチ。

ゴソゴソと走り回る足音や人の食べ物を荒らす被害の他に困るのは、糞尿や持ち込んだエサが腐敗した臭いなどの問題です。

感染症やアレルギーにもなるため早く追い出さなくてはいけません。

そんな、イタチのクサい臭い対策についてご紹介しましょう。

イタチが強い臭いのもとは何?

イタチが天井や床下に住みつくととても臭いにおいがしてきます。それはイタチの糞尿の臭いと、持ち込まれたエサとなってネズミや肉食系のエサが腐敗した臭いです。

そのようなものが天井裏や床下にあると必ずおこる二次災害の感染症の問題です。

イタチ 臭い 消臭 対策

イタチの糞尿がクサいのは、イタチが雑食動物で何でも食べてしまう動物だからです。そのため、あちこちで糞尿をまき散らすため、天井裏や床下は強い臭いが充満するのです。

イタチの臭い消毒対策

住み着いたイタチは早く駆除しなければなりません。そこで、捕獲による駆除、忌避剤や超音波、光の機器などによりイタチの追い出しをします。

無事イタチの駆除に成功したのなら駆除後の処理をきちんとしなくてはいけないのです。イタチの駆除後の天井裏や床下はイタチの糞尿の匂いやその他の動物臭がこびりついてなかなか取れなくなっています。

駆除に成功してもそれらの臭いが残っていたらまた再びイタチが戻ってくる可能性があるのです。

臭いや感染症などの予防のために行うのは、臭いを消すための消毒と感染症の二次災害を防ぐための対策を念入りに行わなくてはいけないのです。

スポンサードリンク

消毒対策の方法

イタチの駆除対策の消毒方法は、イタチが残した糞尿や亡骸などによる感染予防の消毒を高性能の噴霧器で行います。

また、その後イタチがいた後はノミやダニが大量発生していることが大半であるため、ノミやダニの駆除のため燻煙消毒を行うのです。

臭いの消毒と感染症予防の消毒の二段階の消毒作業を行いイタチ駆除の消毒が完了するのです。

まとめ

家に侵入してしまったイタチを捕獲や追い出しなどで駆除したときはその後の処理をきちんとしなくてはいけません。

臭いの強いイタチの糞尿やエサなどの腐敗臭などを消毒して処理しなくてはいけません。

そして、その後は発生したノミやダニを燻煙や薬の散布などで消毒作業を行い完了するようにします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク